WCT magazine vol.10(part.1)

ワールドチェイスタグマガジン

トップアスリート達が繰り広げる激戦!

極鬼(ゴクオニ)「極鬼ザ・チェイスタグ~逃げ足NO.1は誰だ!~」

記念すべきvol.10!今回の記事はトップアスリートによる頂上決戦!?

皆さんこんにちは。ワールドチェイスタグマガジンです。今回で記念すべきvol.「10」となりました!今後も情報を発信し続けていきますので引き続きよろしくお願い致します!

さて、本日お送りするのは先日NHKにて放送されたチェイスタグ特別番組、極鬼(ゴクオニ)「極鬼ザ・チェイスタグ~逃げ足NO.1は誰だ!~」についてお話していこうと思います!

まずは番組概要を振り返ってみましょう。

「夢のメンバーで「鬼ごっこ」をしたら、逃げ足NO.1は誰だ?体操のオリンピック選手、プロ野球やプロバスケットボール界のスター、ボクシング3階級制覇王者、スーパー消防士…!図抜けた身体能力を誇る男女11人が今話題のスポーツ版鬼ごっこ“チェイスタグ”で真剣勝負!異次元スピード&アクロバティックな技にスタジオ大興奮!オードリー春日の挑戦はまさかの波乱を呼ぶか?究極のオニ、「極鬼」の称号は誰の手に!」

交わることがない様々なジャンルのトップアスリートがチェイスタグで対決。。。想像しただけでも物凄い戦いが繰り広げられそうです。

出演者・出場者の方々も見てみましょう。

【MC】加藤浩次(極楽とんぼ),高島彩

【ゲスト】井森美幸,土田晃之,春日俊彰,古閑美保,清水宏保

【出場者】森本稀哲,田中和仁,KENZO,ユナク,長谷川穂積,原大智,志村雄彦,岩城由志,山田幸代,東千尋,坂口茉琴

【リングアナ】太田真一郎

【実況】杉岡英樹アナウンサー(NHK)

【スペシャリスト】YUUTAROU,KENICHI

各界の著名人が出演なさっているのが一目で分かると思います。そして以前チェイスタグマガジンでも紹介したmonsterpkのYUUTAROUさんとKENICHIさんがスペシャリストとして参加!MCの加藤浩次さんの隣でプレイヤー目線で、かつ見ている視聴者にも分かりやすいような解説を務めていました。

参加者を一挙紹介!

 

男性の部

 

森本稀哲
(元プロ野球選手)
経歴:日本ハムファイターズ、北海道日本ハムファイターズ(1999-2010)
横浜ベイスターズ、横浜DeNAベイスターズ(2011-2013)
埼玉西武ライオンズ(2014-2015)
表彰:ベストナイン:1回 (外野手部門:2007年)
ゴールデングラブ賞:3回 (外野手部門:2006年 – 2008年)
日本シリーズ優秀選手賞:1回 (2006年)
オールスターゲーム優秀選手賞:2回 (2006年第2戦、2007年第2戦)
オールスターゲーム新人賞 (2006年)

https://ja.wikipedia.org/wiki/森本稀哲

 

 

田中和仁
(元体操選手)
表彰:ジャパンカップ
2009 団体総合
2009 個人総合
2010 団体総合

世界選手権
2009 ロンドン 平行棒
2010 ロッテルダム 団体総合
2011 東京 団体総合

オリンピック
2012 ロンドン 団体総合

https://ja.wikipedia.org/wiki/田中和仁

 

 

KENZO
(プロダンサー、DA PUMP、振付師、)
経歴:
2003年 HIGH SCHOOL OLD SKOOL NIGHT LOCK BATTLE 優勝
2004年 SUPER FRIDAY FUNKY CHICKEN 優勝
2004年 和 LOCK BATTLE 優勝
2004年 SUPER FRIDAY FREE STYLE 優勝
2005年 BATTLE CITY5 POWER MOVE BATTLE 優勝
2005年 HEAD SPIN CONTEST 優勝
2005年 SUPER FRIDAY FUNKY CHICKEN 優勝
2005年 DANCE FLASH DANCE CONTEST 優勝



2017年SDK WORLD BATTLE TOUR LOCKING SOLO 優勝@@CHZCO〈世界大会〉

2017年SDK WORLD BATTLE TOUR CREW 優勝@@CHZCO〈世界大会〉
2018年 門真国際映画祭 大阪府知事賞
(世界大会8連覇含む60タイトル以上保有)

その他有名アーティストやCM、TV番組など多数振付

https://ja.wikipedia.org/wiki/KENZO_(ダンサー)

 

 

ユナク
SUPERNOVA(元超新星)メンバー

SUPERNOVAの頭脳明晰な頼れるリーダーとして、常に年下のメンバー人に気を配り、慕われている。愛知大学を卒業し、日本語も堪能。歌手活動だけでなく、ドラマ、映画、そしてミュージカルで才能を発揮しているマルチ・プレーヤー。主な作品に、映画 「無花果の森」「この世の果て」、ドラマ「恋するキムチ」「バウンサー」の主演、ミュージカル「RENT」「プリシラ」「花・虞美人」「インタビュー」など。また1年にも及び、自身のラジオ番組でパーソナリティの経験も持つ。
ソロでもシングル、アルバムともにリリース、自身が作詞作曲を手掛ける楽曲を多数収録。また、ユナクとソンジェ2人によるユニット“Double ACE”(ダブル・エース)としても活動。

https://supernova-sv.com/biography

 

長谷川穂積
元プロボクサー、世界3階級制覇王者

獲得タイトル
第35代OPBF東洋太平洋バンタム級王座(防衛3度=返上)
WBC世界バンタム級王座(防衛10度)
WBC世界フェザー級王座
WBC世界スーパーバンタム級王座

その他年間表彰にて多数受賞

バンタム級では5年間世界王者として君臨するし、その間10度の防衛成功。
また4度の年MVPも獲得している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/長谷川穂積

 

 

原大智
フリースタイルスキー モーグル選手 2018年平昌五輪同メダリスト

表彰
銀 2017年アジア冬季競技大会 デュアル・モーグル
オリンピック
2018 平昌 フリースタイルスキー 男子モーグル(日本選手初の快挙

https://ja.wikipedia.org/wiki/原大智_(モーグル選手)

 

 

志村雄彦
元プロバスケットボール選手

経歴
2005-2008 東芝
2008-2011 仙台89ERS
2011 琉球ゴールデンキングス
2011-2018 仙台89ERS

bjリーグ2012-2013 最多アシスト

https://ja.wikipedia.org/wiki/志村雄彦

 

 

岩城由志
元特別救助隊員

経歴

1987年8月23日生まれ。東京都大田区出身。
法政大学第二高校卒業後、ヒューマンアカデミー横浜校 スポーツトレーナー専攻卒業。
19歳からの3年間、キックボクシングジム「JMC横浜GYM」で、トレーナーとして数多くの選手を指導。
その後22歳で東京消防庁に入庁し精鋭部隊である特別救助隊員として様々な災害現場を経験し人命救助に従事。
2015年からは、特別救助隊員として鍛え上げた体を武器にフィジーク、ベストボディジャパン、サマースタイルアワードなどのボディコンテストに参戦し全ての団体で優勝、入賞を果たす。
2017年には、シンガポールで開催されたNABBA WORLDフィジーク-172㎝部門で第3位に輝く。

hthttp://firegym.info/yushi/

 

女性の部

 

山田幸代
(日本初のプロラクロス選手)

戦歴
2009年 3~9月 オーストラリアリーグ「Wilderness」に加入(2年連続)

2010年 3~9月 オーストラリアリーグ「Wilderness」に加入(リーグ年間オールスターチーム選出、南オーストラリア州代表チーム選出)、オーストラリアリーグ Wildernessリーグ準優勝に貢献、オーストラリアリーグオールスターチーム選手、オーストラリア代表候補に選出(2012 年 12 月まで) 選手登録をオーストラリアに変更



2016年 オーストラリアリーグの強豪「Caulfield(本拠地:メルボルン)」に加入、全豪選手権優勝、オーストラリア代表18名に選出
2017年 ラクロスワールドカップにオーストラリア代表として出場(4 位)、ワールドゲームズ(ラクロス競技)にオーストラリア代表として出場、日本人初となる世界大会で銅メダルを獲得

その他多数

https://ja.wikipedia.org/wiki/山田幸代

 

 

東千尋
(プロインラインスケーター)

表彰
2011年 Winterclash 1位
2014 年 Pow-wow 1位
2015 年 Pow-wow 1位
2017 年 JASPA PARK 女子 1位

http://jrsf.or.jp/aggressive_inline/aggressive_inline_athlete/chihiro_azuma/

 

 

 

坂口 茉琴
(俳優・アクションコーディネーター)

1996年12月23日神奈川県出身。身長148cm。園子温監督作「TOKYO TRIBE」でヨン役で映画デビュー。小柄ながらも高い身体能力を活かし、ハイレベルなアクションをこなす。三池崇史監督作『極道大戦争』での性別を超えた演技力は必見。演者での活躍をはじめ、最近ではアクション部としてさらなる活動の場を広げる。2017年に公開予定の西村喜廣監督作『蠱毒 ミートボールマシン』で初のアクション監督を務めた。

http://worsal.com/talent/pr/sakaguchi/index.html

 

見ての通り各ジャンルのスター選手が出場するというまさにオールスター。本番当日までMISSION PARKOUR PARK TOKYOにて練習を積んでいたそうです。

私個人の考察を申し上げますと、参加される方全員並外れた運動神経は勿論のこと、第六感や頭の回転速度も間違いなくトップレベルなはず。その中でも元プロバスケットボール選手の志村雄彦選手に注目しておりました。

小柄な身長から繰り広げられる尋常ではないスピードのフェイント。バスケットボールで鍛え上げられたこの動きがどこまでチェイスタグに通用するのかとても楽しみです。

 

次号へ続く!

とても長くなってしまいましたので気になる内容は次号にて!

いよいよ試合について書いて行きたいと思いますので乞うご期待を!